外注

ライターに発注する際に気をつけたい3つのNGポイント【初心者の人必見!】

ライター 発注
アリス(@Alice_Land22)です。

ライターさんに記事を発注しよう!と思った時に初心者の人であればあるほど

実際どんな感じで発注すればいいんだろう?やっちゃいけないことってあるのかな?と不安になりませんか。

記事を外注化する時に、必ず体験する登竜門的な悩みと言っても過言ではありません。

でも、NGポイントを知っておくだけで、いいライターさんに出会える確率がぐんとアップしますよ!

今回は、いいライターさんを見つけることを前提に、ライターに発注する時にやってはいけないNGポイントをご紹介します。

どんな人がくるかわからないから

ドキドキしそう….

そうそう!初めて発注する時なんて、口から心臓が出そうだったわよ!

みんなの口から心臓が出ないように、しっかり解説するわね。

ライターへの発注でやってはいけない3つのポイント

サンプル記事について

ライター 発注
ライター募集の内容を見ていると、『まずサンプル記事を作成してもらいます。』というものを見かけます。

サンプル記事にも、報酬が支払われるなら問題ありませんが、無料でサンプル記事をまず1記事書いてください。と募集している人も見かけますが正直やらないほうがいいです。

実際に外注化している人がある音声で話していたことです。

「サンプル記事をタダで書いてもらえば、1記事浮くよね!(笑」

絶句しながら、悲しい気持ちで聞いていました(汗

2年後に、その人のサイトは無くなってました。。。。

そんな気持ちで運営していたら、当然といえば、当然かもしれませんね。

現在も実際実在するんですよ。。。こんな感じの募集が。

 

サンプルを作成頂き、承認後に本契約させて頂きます。
契約の場合、サンプル作成も1記事とカウントさせていただきます。
ご契約に至らない場合、サンプル記事は無償です。
(サンプル記事は使用いたしません。)

 

これ悪徳運営者じゃん!

きっとまずいにんじんしかくれないな…

無駄なお金を使わないようにきちんと運営する方針かもしれないけれど

無償で書かせるのは、スタート時点で、いいライターさんを逃しているとしか言いようがないよね…

ブログ運営者側としては、お金を払うので損をしたくない!という気持ちが正直あると思いますが、長い目で見た時に、目先の利益は危険でしかありません!

せっかく積み上げてきたブログのアクセス数が伸びなくなって、運営できなくなることが一番のリスクです。

報酬について

ライター 発注

ライターさんへ依頼する時に、一番悩むのが1記事あたりの報酬額かもしれません。

もう、本当にここ悩むんですよね….(汗

こちらの記事では、基準として1記事(2000文字)400円〜で、募集スタートするように紹介しています。

記事外注化 やり方
300万PVを達成した【記事外注化】が簡単にできるやり方!マニュアルやテンプレート付き こんにちは、アリス(@Alice_Land22)です。 ブログの記事を外注化したいな...でもどうやればいいんだろう?と思考回...

2000文字で400円なんて、安すぎなんじゃない?!あんた、ライターなめてるの?と言われそうですが…

なめてません….大真面目で…

条件によりけりという部分もあります。

お金にも余裕があって、SEOの知識もある人であれば、それなりの値段を出して最初から募集しても、それほど大きな損失はないと思います。

しかし、あなたが現在

  • ライターさんに発注するのは初めて
  • ネットで稼いでいる報酬が0円に近い
  • SEOの知識もあまりない

この条件に当てはまるのであれば、最初は低い金額でスタートした方が、上手く行きやすいんです。

外注化ということは、お願いし始めたら、継続して1記事1記事お金を払って行かなければなりません。

安い金額だから悪いライターさんが来るわけでもないですし、高額にしたからと言っていいライターさんが来るわけでもありません。

そして、ここが重要ポイント!

ライターさんも、書くのが好きだけど、クラウドサービスに登録したばかりで不安…という人も常に一定数存在します。

そんな人は、多少安くても、実績を積みたいと思って一生懸命書いてくれます。

もしあなたがライターに発注するのが慣れてないなら、ライターさんとともに成長していく気持ちで、ライターさんへも未熟なところもありますが、よろしくお願いします。と伝えてやり取りするだけで、ライターさんの向き合ってくれる姿勢も変わってきますよ。

トータル的にみて、募集時の金額は1記事400円から1000円の範囲でスタートするのが妥当だと思います。

ただ、いつまでも安い金額のままでなく、良いと思ったら少しづつ報酬を上げていってくださいね。

高望みしすぎない

ライター 発注

どんなライターが欲しいかと聞かれて、「もちろん、SEOにも詳しくて、文章も上手で、コミュニケーションがまめに取れる人」

と極上な人が欲しいですよね。

いない。とか言わないでよ。
いないわけじゃないけど、考え方を変えないとダメ。

ライターさんを募集するとなると、どうしても色んな条件を欲しがってしまいがちなんですよね(^◇^;)

相手にgive(ギブ)できなければ、相手からも返ってきませんので

  • SEOに詳しい人が欲しければ、自分もSEOを勉強する。
  • 上手な文章が欲しければ、自分でも記事を書いてみる。
  • コミュニケーション上手な人が欲しければ、ライターさんに思いやりをもつ。

自分も一緒に成長することで、最強なライターさんが育っていく感じです。

初めてライターへ発注する時の心得

ライター 発注

ライターへ発注する際にやってはいけないNGポイントを3つご紹介しました。

この3つのポイントを深掘りしていくと、

  • サンプル記事…ずるく記事を納品してもらわない。
  • 報酬…身の丈にあった報酬額を設定。
  • 高望みしすぎない…自分も一緒に成長する。

この3つを心がければ、どんなに初心者でも、どんなライターさんに出会ったとしても、ブレずに自分らしい対応をすることができます。

まとめ

いかがでしたか?ライターに発注するとなると、ライター対応に慣れてないのが、伝わってしまうんじゃないかと不安になるかもしれませんが、ぶっちゃけ伝わってもいいと思います。

ありのままの方が、後々ボロがでなくて楽ですし、ライターさんからの信用も得られます。

機械的なコミュニケーションでなく、あいさつに天気の話題を1つ入れるだけでも、グッと距離が縮まりますよ(笑

 

発信していくブログのジャンルは、あなたが好きなジャンルや得意なジャンルだと思いますので、ライターさんにどんな記事を書いてほしいか、熱意を伝えるだけで、きっといい記事を書いてくれるはずです。

ジャンルがまだ決まっていないならこちらをどうぞ

アドセンス おすすめ ジャンル
【初心者向け】アドセンスでおすすめのジャンルを迷わずに選定できる方法グーグルアドセンスに挑戦しようと思った時に、まず考えるのがアドセンスのジャンル選定。ジャンルが多すぎて何を選べばいいかわからないという人も多いはず。そこでこれからアドセンスを始める初心者のためにどのジャンルを選べばいいか、迷わずに選べる方法をご紹介します。...
ライター 発注

自分的にどうしたらいいかなと試行錯誤していくことで、より素敵なブログが出来上がっていくことは間違いありません。

あなたの頭の中にある、アイディアをライターさんに伝えて、素敵なブログになることを願っています。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

アリスの【裏ひっそり】メルマガに登録してみる

アリス無料相談

アリスに相談メールしてみる?

Twitterでお友達を募集中。フォローしてくれたら白うさぎと大変喜びます^^

→アリス(@Alice_Land22