ネット関係

WordPress Ping Optimizer設定方法【2017年版】ping送信先一覧

WordPress Ping Optimizer

「WordPress Ping Optimizer」は、ping送信を行うのに必須なプラグインで、ブログを運営するのに大切な役割を果たしてくれます。

WordPressにデフォルトでping送信を設定できるようになっておりますが、こちらの設定では、記事を修正したり、書き直して更新するたびに毎回ping送信していると、検索エンジンからスパム判定されてしまうこともあります。

今回のWordPress Ping Optimizerというプラグインを使うことで、こうしたスパム判定を避けて、ping送信を行うことができるのです。

WordPress Ping Optimizerは記事を公開した時のみ、1回しかping送信されませんので安心して記事を更新できますね。

では設定方法についてご紹介していきましょう。

ping送信とは

新しい記事を投稿した時に、PINGサーバーといって、更新情報が集められているサーバーに送信してくれて、検索のロボットが新しい記事を見つけやすくなります。

そうすると記事が早くインデックスされやすくなりますので、アクセスUPにもつながっていきます。

WordPress Ping Optimizerインストール

WordPress Ping Optimizer

まだWordPressにWordPress Ping Optimizerのプラグインをインストールしていない場合は、こちらの記事を参照してインストールと有効化をしてください。

▶︎ WordPressプラグイン2つのインストール方法とは【初心者向け】

WordPress Ping Optimizerの設定

管理画面の「設定」→「WordPress Ping Optimizer」をクリックします。

WordPress Ping Optimizer

白い空欄に登録するPing送信先を入力して、「Enable pinging」にチェックを入れるとPing送信を有効化できますので、必ずチェックを入れておきましょう。

「Save Settings」をクリックして完了です!

WordPress Ping Optimizer

2017年版ping送信先一覧

2017年3月現在で使用できるPing送信先を一覧にまとめてみましたので、こちらのPing送信先一覧をそのままコピー&ペーストしてください。

http://ping.blo.gs/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.fc2.com/
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://www.blogstyle.jp/
http://www.blogpeople.net/ping/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
http://xping.pubsub.com/ping/

まとめ

ping送信先は、使えなくなる送信先も出てくるので、WordPress Ping Optimizerの設定画面一番下にある「Ping Log」部分を定期的にチェックします。

エラー(赤文字)が常に出てくるような送信先は削除して、最新のping送信先を入れ替えることをおすすめします。
※一時的なエラーの場合もありますので、様子を見てください。

このように赤文字がエラーです。(この赤文字のping送信先は2017年版には入っていません。)

WordPress Ping Optimizer

 

以上、WordPress Ping Optimizerの設定でした!