ネット関係

SkypeをパソコンのMacにダウンロード&初期設定する方法

skype

skypeといえば無料通話できたりチャットができるとても便利なツールです。パソコン同士で通話しながら画面の共有もできるので打ち合わせがとてもスムーズに行えます。

何かを教えて貰う時や教える時にも、実際に画面で操作しているのを相手に見てもらうことができるので大変重宝しています。

MacにSkypeをインストールする方法や初期設定などを解説していきます。

Skypeダウンロード方法

Skype方式サイトからダウンロードする。ダウンロードはこちらから

skype

でダウンロードが始まります。この左下の▼部分をクリックして開く。

skype

skypeアプリをフォルダにドロップ&ドラッグでインストール完了!

skype

 

Skype初期設定方法

Finder→アプリケーションからskypeアプリをダブルクリック。

skype

開くをクリック

skype

skypeのアカウントを持っている人はサインインして設定できますが、アカウントを持っていない人は『アカウントを作成』をクリック

skype

 

メールアドレスとパスワードを入力します。

skype

アカウント名を入れて『次へ』

skype

メールアドレスにコードが送信されますのでコードを入力

skype

どちらか選びます。

skype

連絡先の追加や設定を先に行っても構いませんが、ここでは後でを選択します。

skype

『→』をクリックします。

skype

Skypeの大きな仕様変更があり、今までのようにskypeIDを自由に設定できなくなっています。もし自分のskypeIDを確認したい場合はskepeIDの確認方法がこちらのサイトに詳しく載っています。

skype通話設定

新しくアカウントを作成した場合はこのまま通話設定画面が自動で出てきます。マイクやスピーカーの出力テストをして声が聞こえればOK

macの場合は内臓マイクや内臓スピーカーなので、ヘッドホンを使わないくてもそのままパソコンに話しかければ相手に声が届きます。

もし声が聞こえないとか、初期設定が終わった後に設定を変更したい場合は上のメニューバー『skype → 設定』

skype

内臓マイクと内臓スピーカーになっているか確認。モザイク部分はカメラで自分が映し出されています。

skype

更に、『アップルマーク → 環境設定』クリック

skype

サウンドをクリック

skype

出力で消音にチェックが入っていないか、音量などを調節

skype

入力も同じく消音にチェックが入っていないか、音量などを調節

skype

それでも音が出なかったり聞こえない場合は、一度skypeを切ってサイドログインして見ましょう。skypeは長時間通話していると急に声が聞こえなくなったりすることもありますので、音が出ない、聞こえない場合は時間が経ってからサイド起動するのも1つの方法です。

以上skypeのインストール&設定方法でした。