ネット関係

RSSリーダーおすすめとは?Feedly・Inoreder・Feed Watcherを比較

rssリーダー

色々なサイトやブログを訪れるとRSSというのをよく見かけると思います。難しそうだな〜とスルーしがちですが、知っておくと自分の欲しい情報が効率的に収集できる非常に便利なアイテムです。

RSSのおかげで、情報収集やお気に入りの情報に巡り会える速度が格段に早くなりましたのでブロガーにはおすすめな必須アイテムです。

今更聞けない・・・という人にこそ読んでほしいRSSについて、わかりやすく説明します。

RSSとは

Rich Site Summary(リッチ・サイト・サマリー)を略したもの。

RSSの情報を取得すれば、直接お気に入りのサイトを開かなくても、更新されたかどうかが分かるという仕組みです。つまり、自分の好きなサイトやブログの更新情報が届く便利なもの。

RSSリーダーとは

RSSリーダーとは、RSSの情報(自分の好きなブログの更新情報など)を取得して一覧にして配信してくれるソフトです。

例えばいつも定期的に訪問するブログに毎回「ブログが更新されているかな〜」と訪問して最新情報があるかを確認するのは面倒ですよね。

自分がいつもチェックしているブログやサイト10個訪問してみたけど、新しい更新情報が全くなかったという切ない時間を過ごすこともなくなります。

このRSSリーダーがないとRSSの情報が届きませんので、自分の使いやすいRSSリーダを選ぶわけです。

RSSリーダーを選ぶ基準

RSSリーダーを使って、自分のお気に入りの情報を配信してもらうのはわかったけど、じゃあどこのRSSリーダーを選べばいいのか迷いますよね。初心者が選びやすいように基準を書いてみます。

  • 直感的に使いやすい
  • 動作が重くない
  • 自分に必要な情報を見るので自分にとって見やすい
  • サービスが継続していくか

RSSリーダーといえば自分のお気に入りの情報を見るためのツールですよね、となると限られた時間の中でいかに効率的にストレスなく見れるかが重要です。

あと以外と忘れられがちなポイントですが、サービスが継続していきそうかも選ぶ上で重要。Google リーダーのようにいきなりあっさりとサービスが終わってしまうとその後の新しいサービスへの移行がまた大変になってしまいます。

ではおすすめなRSSリーダーをいくつかご紹介します。

今回紹介するRSSリーダーに共通する機能

どのRSSリーダーもパソコンやスマホに対応していて、更新されて読みたい情報がどこでも見れる。そして収集した情報を自分の好きなカテゴリ分けできるというのは基本的な機能ですね。

  • 様々なアプリに対応しているので、家のPCで読んだRSSを外出先のiPhoneで読むことができる。
  • カテゴリ分けできる

Feedly

RSSリーダーも色々な種類がありますが、感覚的にも使いやすい『Feedly』は最も普及しているサービスです。

メリット

  • 自分の興味ある情報がまとめて管理できる
  • Feedlyはシンプルで見やすい
  • 無駄な動きがなくサクサクと使いやすい。
  • Google拡張機能との連動で便利に使える

デメリット

  • 英語表記なので細かい設定の時面倒

他のRSSリーダーを使ってみて、余計にボタンを押さなければならない無駄な動作に疲れてFeedlyに戻って来る方も多いみたい。

Inoreader

日本語対応ということでメキメキ人気が浸透している『Inoreder』日本語対応なだけでなくかゆいところに手が届くような細かい機能があるサービス。

メリット

  • 日本語なので使いやすい
  • 取得漏れが少ない
  • 細かいフィルタ設定ができる
  • 既読方法が選べる
  • アカウント切り替えができる

デメリット

  • Feedlyに比べると若干動きが遅いかも

日本語対応なだけに細かい設定も不安なく行えるのがなんといってもつかやすい理由です。仕事用とプライベート用などのアカウント切り替えができるのも完全に生活がon&offできておすすめです。RSSの情報をより細かく管理したいこだわり派の方にはInorederがおすすめです。

Feed Watcher

2016年にMy Yahoo!が終了することになって、その代わりに作られた『Feed Watcher』Yahooのトップページが好きな人には安心感があるレイアウトで使いやすいのではないでしょうか。

メリット

  • 幅広いブラウザに対応
  • すべての情報が一画面で見れる
  • 画面を自分の見やすい情報にカスタマイズできる

デメリット

  • 画面右上に広告があるのが気になる

スマホというより、パソコン画面でRSSの情報をしっかり読みたい方には、一画面でたくさんの情報が見やすい、自分の好みの画面の配置や色にカスタマイズできるのでいいかなと思いました。

まとめ

結局RSSリーダーはどこを使えばいいのか悩んだら、自分がRSSをどの程度使うか、どのように使うかで決めれば使いやすいRSSリーダーにたどり着くでしょう。

私は、結局『Feedly』をメインに使っています。最終的にInorederとどちらにしようか迷ったのですが、私はRSSの情報はそれほど多く収集しないので、シンプルな機能で動作が軽いものが一番しっくりきたからです。さらにスマホ画面がおしゃれでいいですね。

▶︎ Feedlyの設定や使い方はこちらの記事で紹介してます。

今回比較するために3つのサービルを使って見た結果、RSSリーダーを使い始めたからといって無理にたくさんのブログやサイトを登録しなくてもいいかなという結論にたどり着きました。最初はRSSリーダーを使いこなさなければ的な使命感に燃えてちょっといいかなというレベルのサイトもどんどん登録して行ったら、押し寄せる情報に押しつぶされそうになりました(笑

シンプル is best !