ネット関係

WordPressプラグイン初心者に必要なおすすめ一覧【2017年版】

wordpressおすすめプラグイン

プラグインというと、星の数ほどあるので、最初にWordPressを設定する際に、何のプラグインを入れたらいいかわからないという人が多いでしょう。

プラグインはWordPressを運営するのに便利なアイテムが沢山ありますが、便利だからといって、沢山入れ過ぎてしますと、重たくなってかえって足を引っ張れられることになります。

よく、「おすすめプラグイン50選」という記事を見かけますが、50個も入れてしまったら完全に重過ぎます。

かといって10個以下でこれだけあれば大丈夫というサイト運営者の方は、大体WordPressに熟練していて、プラグインに頼らなくても自分でソースをいじって設定できるからそこまでプラグインを使わなくて大丈夫なんですね。

そこで、初心者の方が最初の設定に必要なおすすめプラグイン【2017年版】一覧をご紹介します。

100万PV以上のブログに育てるまでに、実に沢山のプラグインを使いました。その中で、これはいいかなと思えるものをご紹介していきますね。

このページの活用方法

その1:おすすめプラグインと簡単な説明のみ

今回は、おすすめのプラグインと簡単な説明のみに特化して書いていきますので、
とにかくおすすめのプラグインを知りたい&簡単に意味も知りたい人にわかりやすい記事です。

その2:プラグインおすすめの順番

WordPress管理画面でインストール済みプラグイン画面が、アルファベット順なので、違和感がないようにアルファベット順でご紹介します。

その3:プラグインの個別と一括で設定を選択

1つ1つ意味を確認しながら、プラグインを設定するならこの後のプラグインを1つ1つコピペしてWordPressに設定していってください。

一括でおすすめプラグインを設定して、意味は後でゆっくり確認する、もしくは大体意味はw買っている人は、最後におすすめプラグインをまとめてコピペしやすいように、一覧で表示してあります。

その4:★印のプラグインについて

★印のプラグインは必須でおすすめではなく、テンプレートやブログ運営の仕方によって入れる人と入れない人に分かれるプラグインです。ご自身の判断で入れてください。

おすすめプラグインと意味

★AddQuicktag

自分でよく使うタグを登録するプラグイン。 記事を作成するときに使うタグの効率化をよくします。テキストエディタで記事を書く方にはおすすめですが、ビジュアルエディタで記事を書く方は、この後紹介するTinyMCE Advancedだけあれば充分です。私は使ってません。

AdSense Manager

Google AdSenseの広告を指定した場所に、表示できるプラグイン。

Akismet

WordPressを運営しているとたくさんのスパムコメントがくるので、スパムコメントから守ってくれるプラグイン。

Broken Link Checker

無効になったリンクを知らせてくれるプラグイン。自動で打ち消しの線が入って、nodollowタグを入れてくれます。

Contact Form 7

お問い合わせフォームを作成するプラグイン。ブログ運営でお問い合わせは必須です。

EWWW Image Optimizer

WordPressにすでにアップロードした画像のファイルサイズを一括で圧縮することができたり、新たにアップロードしていく画像の圧縮もできるプラグイン。ブログの表示速度が早くなります。

Google XML Sitemaps

サイトマップはクローラー用と読者向けの2つがありますが、Google XML Sitemapsはクローラー向けのサイトマップを作成してくれるプラグイン。検索エンジンにブログを正しく認識してもらえます。

★Head Cleaner

これは使うテンプレートによって不具合が生じる可能性があるので、必須でおすすめなプラグインではありません。WordPressのソースを最適化して、表示速度を早くするプラグイン。
※私は、最近行ったWordPressの更新の時にエラーが表示されたり、画面が真っ白になったので使うのをやめています。

Jetpack by WordPress.com

サイトのアクセスや流入キーワードがわかる「統計機能」やSNSと連携してブログ記事の投稿を自動で行なってくれる「パブリサイズ共有」やセキュリティー面を強化する機能など

このプラグイン1つで30個以上もの機能が使えるプラグインですが、沢山使ってしまうとブログが重くなってしまうので、必要最低限の機能を使うと良いでしょう。

★Lazy Load

画像読み込みを遅延させることで、ページの表示速度を劇的に早くするプラグイン。

No Self Pings

自分のブログ内で内部リンクを貼った時に、自動的にコメントにリンク通知がきてしまうのを停止するプラグイン。自分のブログ同士でリンクを貼るたびに、コメントが来るのは厄介ですよね^^;

Post-Plugin Library

このプラグイン単体では何も効果がありません。この後紹介する「WordPress Popular Posts」を使用する際に必要なプラグイン。

PS Auto Sitemap

読者向けのサイトマップを自動生成してくれるプラグイン。

PubSubHubbub

ブログを更新した時、リアルタイムにGoogleに通知されますので、この記事は私のオリジナルの記事ですよ!と知らせるプラグイン。ですのでインデックススピードが圧倒的に早くなる必須アイテムです。

Table of Contents Plus

ブログ記事に目次を設定できるプラグイン。読者に必要な内容をわかりやすく表示できます。

TinyMCE Advanced

記事に表を挿入したり、フォントサイズを簡単に変更できたり、動画コードを入れられたり、タグやHTMLの知識がない人でもブログ記事を簡単に装飾できるプラグイン。

★Tweetily

TwitterとWordPressを連携して、過去記事をランダムに自動ツイートしてくれるプラグイン。Twitterからのアクセスを増やすことができます。使うテンプレートやプラグインとの相性でうまく作動しないこともあります。

WordPress Popular Posts

サイドバーなどにサムネイル(画像)付きの人気記事ランキングを設置するプラグイン。人気記事部分は読者によく読まれるので設置することでアクセス数を増やすことができます。

WordPress Related Posts

記事下にその記事と関連する記事一覧を自動で設置するプラグイン。ここもついでによく読まれるので設置すると良いでしょう。

WP-DBManager

ブログのデータを定期的に自動でバックアップしてくれるプラグイン。ブログのデータが無くなってしまうのは、ブロガーには致命的ですので、必ず入れておくことをおすすめします。

WP External Links

外部リンクをクリックした時に、新しいタブで外部ページを開いてくれたり、そのリンクに自動でnofollowタグを付けてくれるプラグイン。新しいタブで開くことで、ブログの滞在時間を長くできたり、ブログの直帰率を抑えてくれる効果があります。

WP Lightbox 2

画像を綺麗に表示してくれたり、記事内にある画像をクリックした際に拡大表示してくれるプラグイン。

★WP-PageNavi

ブログ記事の下の部分に、ページ送り(ページナビゲーション)を設置するプラグイン。これはテンプレートによって、標準装備されているものもあるので、確認してから入れてください。ページ送りがないと、読者の方が、前のページ以前のページが読みたい時など、ページ移動がすぐできないので必ず設置しておきましょう。

★WP Pagenavi Style

先ほどのぺージナビゲーションのデザインを簡単に変更することができるプラグイン。

★WP-PostViews

ブログの記事ごとのアクセスを確認することができるプラグイン。全体のアクセスだけでなく、ページごとのアクセスはブログが育っていけばいくほど重要になっていきます。

★WP User Avatar

WordPressのユーザープロフィールのアバター画像を簡単に設定できるプラグイン。よくコメントすると画像が一緒に出てきますよね。あの設定です。

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語用のマルチバイト文字に最適化してくれるプラグイン。WordPressをインストールすると自動的に入っているのでそのまま有効化するだけでOK。

Yoast SEO

SEO対策のプラグインといえば、「All in One SEO Pack」が有名ですが、「All in One SEO Pack」をさらに進化させた高機能なプラグインです。

All in One SEO Packの2.3.6.1までのバージョンに深刻な脆弱性が発見されました。
7月8日に公開されたバージョン2.3.7で、すでに問題は修正されていますが、人気があるプラグインだけに、またいつ狙われるか心配な面もあるので、総合的に見てYoast SEOがおすすめです。

プラグイン一覧(一括コピペ用)

AddQuicktag
AdSense Manager
Akismet
Broken Link Checker
Contact Form 7
EWWW Image Optimizer
Google XML Sitemaps
Head Cleaner
Jetpack by WordPress.com
Lazy Load
No Self Pings
Post-Plugin Library
PS Auto Sitemap
PubSubHubbub
SEO Friendly Images
Table of Contents Plus
TinyMCE Advanced
Tweetily
WordPress Ping Optimizer
WordPress Popular Posts
WordPress Related Posts
WP-DBManager
WP-PageNavi
WP Pagenavi Style
WP-PostViews
WP External Links
WP Lightbox 2
WP Multibyte Patch
Yoast SEO

まとめ

プラグインの機能を全部覚えるのはなかなか難しいですが、ブログを運営していくと少しずつ覚えられるので、焦らずにまずは最低限必要なプラグインを設定して見てください。

プラグインはテーマによっては相性が悪かったり、エラーが起こってしまうプラグインもあるので、自分のテーマに入れるプラグインで不安なものについては、導入する前にWordPressテーマ作成者にご確認ください。

また、プラグインを導入する前には必ずバックアップをとっておきましょう。

1つ1つプラグインについての解説は別記事でご紹介します。