ネット関係

Photoscape(フォトスケープ) macのダウンロードと基本的な使い方

フォトスケープ

画像編集は有料から無料のものまで沢山ありますが、ブログを作っていくのに必要な画像編集ソフトは、無料のもので十分です。Photoscape(フォトスケープ)はwindowsでもmacでも使える無料のソフト(有料版もあります)でかなりおすすめです。

過去に無料の画像ソフトをいくつか使ってきましたが、Photoscapeはダントツで使いやすいです!操作を直感的に行える上に、画像の編集の仕上がりがとてもキレイなので気に入っています。windowsを使っていた時から、macに変えるまで何年も使っておりますが、何の問題もなく使えています。

【主に仕える機能は】

  • 画像を切り抜く
  • 画像サイズを変更
  • 画像の色を変更(白黒・セピアなど)
  • 矢印や文字や図形などを入れられる
  • 画像と画像を合わせる
  • モザイクをかける
  • 画像にフレームをつける

まだまだ細かい機能がありますが、基本的に使える機能は十分に備わっていることがわかっていただけたでしょうか。

デジカメもうまく使いこなせない私が直感的に使えているので、とてもつかいやすいソフトだと思います(笑

Photoscapeのダウンロード

PhotoScape X(Mac)からダウンロードします。Mac App Storeで見るをクリック

フォトスケープ

アプリケーションの起動をクリック

フォトスケープ

入手をクリックしてインストールした後、開くをクリック

フォトスケープ

これでダウンロードできました。写真編集から早速編集していきましょう!

フォトスケープ

Photoscapeの基本的な使い方

では基本的な使い方をご紹介していきます。画像編集といえば、『切る』『貼る』『サイズ変更』『装飾』くらいですし、ほぼ直感的に使えますので難しく考えずにまずは使ってみることが大切です。

【画像を切り抜く】

メニューバーの『写真編集』をクリックして
①収納されている場所を選択
②編集したい画像を選択
③編集をクリック

フォトスケープ

 

『切り抜き』をクリックして画像の中の切り抜きたい部分を選択

フォトスケープ

切り抜けました。

フォトスケープ

 

【画像のサイズ変更】

『編集』→『サイズ変更』をクリック

フォトスケープ

自分の変更したい大きさを選択する。▼から選択しても好みのサイズを入力してもOK
縦と横のバランスをこのまま崩したくなければ『縦横比を固定』にチェックする。

フォトスケープ

今回は幅300×高さ200にしてみました。

フォトスケープ

【画像を装飾(フレームをつける)】

『フレーム』→好きなフレームを選ぶ→適用

フォトスケープ

画像にフレームをつけたいときにフォトスケープは大活躍します。フレームの種類がとにかく多いのでバリエーション豊富なフレーム付きの画像が出来上がります。

先程サイズ変更した画像にフレームをつけてみました。

フォトスケープ   フォトスケープ

【画像装飾(矢印や図形を入れる)】

挿入ボタンをクリックすると装飾するものが選べます。
例えば矢印ボタンを押すと、左下の設定画面が出てきますので線の太さや色を選択します。他の図形や線も実際に入れてみました。モザイクは右上のフィルターボタンから挿入できます。実際にモザイクを丸い時計の下に入れてみました。

フォトスケープ

【画像編集(文字を入れる)】

『挿入』→『テキスト』をクリック
①入れたい文字を入力
②文字のフォントを選択
③文字の色を選択

フォトスケープ

このような画像が出来上がります。

フォトスケープ

 

まとめ

Photoscape(フォトスケープ) の基本的な使い方はどれもボタン1つですぐに編集していけるものばかりなので簡単に画像が編集できてしまいます。

画像が装飾されるだけで見栄えが全然違いますので、ぜひブログをより素敵なものにしていきましょう!