ネット関係

WordPressのパーマリンクはSEOに超重要!おすすめな設定方法

パーマリンク設定

WordPressの初期設定で忘れてはいけないのが、パーマリンク設定です。初めてだと難しそうな設定に感じるかもしれませんが、設定することはいたってシンプル。

SEOの効果にも関わってくる大事な設定ですので、まずはパーマリンクをしっかり理解して自分に合う設定をしてくださいね。

パーマリンクとは

パーマリンクとは、ブログの記事やサイトページ1つ1つのURLのことです。ブログ全体はドメインとしてURLがあるように、ブログの記事にも1つ1つURLがつきます。

そのURLをどのようなスタイルで表示するのかを設定していきます。

※パーマリンクは1度設定したら、絶対に変更しないでください。パーマリンクの設定を変えてしまうと、それまでGoogleから蓄積されてきたURLの評価やURLの効果がリセットされてしまうからです。

例えば、記事に被リンクを貼られていたとしたら、その被リンクも無効になります。

SEO的に考えても、せっかく積み上げてきた評価がリセットされてしまうのは勿体無いので、1度設定したら変更しないことをおすすめします。

おすすめなパーマリンク設定方法

ここが重要!パーマリンクの構造

パーマリンクのパターンもいくつか自分で選んで設定できるのですが、この設定によって後々、サイトの運営の仕方にも影響が出てきますので、ここでパーマリンクの構造やパターンを理解しましょう。

wordpressでは最初はこのようなパーマリンクが生成されます。

  • http://alice-land.com/?id=123

これは動的なページとして?のような記号が入っている状態です。なんだかわけがわからないURLですよね?

ログインが必要な複雑なサイトを運営する際は動的ページのほうが良い場合もありますが、個人が運営するブログでしたら構造はシンプルなので、動的ページを作成する必要性がほとんどないです。

静的ページが良い理由としては、ページの表示速度が速いので、個人で運営するブログは静的ページにパーマリンクを設定すると良いでしょう。

Googleはパーマリンクについてこのように言及しています。

シンプルな URL 構造を維持する
サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、
http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation
のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。   Google

つまりこの2つのURLでは上のものより下の方が記事の内容がわかりやすくていいですよと教えてくれています。

  • http://alice-land.com/?id=123
  • https://alice-land.com/permalink(パーマリンク)/

自分のドメインの後ろに何を持ってくるのかを選択していくということです。

SEO的に1番おすすめなパーマリンク(上級編)

【https://ドメイン/カテゴリ/記事タイトル/】

自分のドメインの後に「カテゴリ」と「記事タイトル」を持ってくるパターンです。これは記事のURLからみて「自分のドメイン」の「どんなカテゴリ」の「どんな記事」かはっきりとわかりますので、Googleから見ても評価しやすい一番理想的な設定です。

※しかし、この設定をしてしまうと、後で記事のカテゴリを変えようと思っても変えることができません。

例えば、りんごのカテゴリで、後でバナナの内容を強くした内容に更新した時、バナナに変更したくても記事のURLでりんごに指定しているのでカテゴリ変更できない。

もしりんごからバナナに記事のカテゴリを変更してしまうと、Googleは記事のURLが「りんご」となっているのにバナナの内容でおかしい!これは評価できない!とSEO的にかえってマイナスになってしまいます。

最初からカテゴリがしっかり決まっていて、あとあと変更しないというブログであればこのスタイルがおすすめですが、ブログを運営していると、カテゴリを変更したくなることも出てきますので、よっぽどのサイト構成がしっかりしている上級者向けの設定です。

アリスが一番おすすめなパーマリンク(中級編)

【https://ドメイン/記事タイトル/】

「https://自分のドメイン/記事タイトル」のパターンが総合的に一番おすすめです。カテゴリまでしっかり分けていないけど、「自分のドメイン」の「どんな記事」か内容がはっきりわかりますよね。
アリスランドもこのスタイルに設定しておりますので、今回の記事はこのようになっております。
https://alice-land/permalink/

「アリスランド」の「パーマリンクの記事」とわかりやすくしております。

実際ブログを運営していくと、記事数が増えていきます。それに伴って内容を整理していくときにカテゴリの整理もしていくことになりますので、どうしてもカテゴリの変更は私には必須な作業です。

長い年数ブログを運営していくなら、その時に合わせてカテゴリを変更できるこちらのパーマリンクスタイルが気持ち的にも楽に運営できますよ。

WordPressのパーマリンク設定方法

WordPressにログインして、管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。

パーマリンク設定

上級編の【https://ドメイン/カテゴリ/記事タイトル/】は「カスタム構造」にチェックを入れて、右の枠内に「/%category%/%postname%/」と入力してください。

 

パーマリンク設定
「変更を保存」をクリックします。
中級編の【https://ドメイン/記事タイトル/】は「投稿名」にチェックを入れます。

パーマリンク設定

 

「変更を保存」をクリックします。

記事投稿でのパーマリンク設定方法

パーマリンク設定後に記事を投稿しようとしたら、投稿画面でパーマリンクの設定に戸惑う方もいると思いますので方法を解説しておきます。
WordPressパーマリンクというタイトルを入れて、エンターキーを押します。するとパーマリンク部分に日本語のタイトルが出てきます。

パーマリンク設定
「編集」を押して枠内の日本語を消してローマ字に入れ替えます。ローマ字を入れたらOKを押します。

パーマリンク設定

今回は「permalink」にしましたが、2つの単語を入れたい場合は「wordpress-permalink」とハイフンで区切ってください。

以上でパーマリンクの設定は完了です!