ネット関係

Misocaで請求書を作って見た!登録方法&作成方法について

 

Misoca

フリーランスや個人事業主、法人どの形態でも、請求書を作成する場面は出てきます。テンプレートを一から作っていくのはとても面倒ですよね。そこで、周りでも多く使っている「Misoca(ミソカ)」を使うことにしてみました。

請求書や見積書、納品書など様々な書類が簡単に作れて管理もできると言うMisoca。

あまりにも簡単で便利だったのでご紹介します。

Misoca登録方法

▶︎ Misoca(みそか)

Misoca

「無料で試してみる」をクリックします。

登録は30秒!このフォームだけで終わります。

本当に終わるのかと、不安を抱きつつ「メールアドレス」「パスワード」「パスワード確認」を入力して「登録する」をクリックします。

はい、あっという間に登録完了!

Misocaで請求書を作成

「さっそく使ってみる」をクリックして使ってみます。

Misoca

画面の通りに右上の「請求書を新しく作る」をクリックします。

Misoca

請求書の作成画面が出てきますので、必要事項を入力します。

Misoca

 

請求日:自動で表示されます。

請求書番号:自分の管理しやすいように入力します。私はこのまま使ってます。

請求先名称:請求先を入力します。デフォルトでは「様」になっているので、会社の場合は「御中」にします。

担当者名:担当者を入力します。私は担当者がいるのですが、入力しなくても大丈夫でした。

件名:40文字以内で。例えば、「広告掲載費」など内容を入れますが、大抵はなくても大丈夫です。

お支払い期限:支払期限を入力します。

請求者名:自分の名前や会社を入力します。

詳細(住所、連絡先など):の横矢印∨をクリックすると住所やメールアドレスが入力できます。

下にスクロールしていくと、請求内容を入力する部分が出てくるので、入力します。

Misoca

最後に、振り込んでもらう口座情報を入力して金額を確認したら、「保存する」で完了!

請求書を発行する方法は、5つありますので、選択します。私は、会社の印鑑を押さないといけないので印刷を選択しました。

  • 郵送手続き:1通180円の有料サービス
  • メール送信
  • PDFダウンロード
  • 印刷
  • 共有可能なリンクを取得
Misoca

印刷する前に、画面を下にスクロールして最終確認します。

Misoca

これで請求書が出来上がりです!

まとめ

請求書を作成するっていうと、とても難しい作業のような感じがしてましたが、登録は1分で完了しましたし、請求書の作成も印刷まで入れて10分でできてしまいました!

月額費用も0円と無料で使えますし、作成した経歴も残るのでとても管理しやすいのがいいですね。

見積書 → 注文書・請求書へ変換
請求書 → 領収書・検収書の作成

なども行えるので、とても便利な機能が満載です。

郵送の場合は有料ですが、ワンクリックで郵送手続きが完了するので、クライアントを多く抱えている方にはとても便利なサービスですね。

こんな感じの封筒です。Misocaの請求書を受け取ったことが何回かありますが、とてもスタイリッシュで受け取る側も気分がいいです。

Misoca

簡単に請求書や見積書などを作りたい場合Misocaはおすすめです。

▶︎ Misoca(みそか)