起業

会社名のネーミングをつける時に知っておきたいコツと実例

会社名

起業しようと決めたらまず行いたいのが、会社名(商号)を決めること。(商号とは法律で定められている会社名のことを意味します。)

でも会社のネーミングってどうやって決めたらいいかわからないし、決まり事ってあるのかな……と勝手に決めるのは不安ですよね。

私も会社の名前を決める時は、不安になって色々調べました。

決定した後でやっぱり使えなかったでは、後々手続きが複雑で面倒な事になっていきますので、会社名(商号)のネーミングでこれだけは抑えておきたいコツをご紹介していきます。

つけてはいけない会社名について

会社のネーミングにあたってまず気になるのは、つけてはいけない会社名を間違ってつけてしまわないか。

この部分に引っかかってしまうと、会社の登記ができませんのでしっかりチェックしながら考えていってください。

有名な名前と同じ名前は避けるべし

法律で特定の免許や登録を受けた「銀行」などのような名前を入れることは禁止されています。

ソフトバンクAppleなどの有名企業と同じ名前は、同一住所でなければつけることは可能ですが、いくら知名度もあるし間違ってこっちに来てくれないかなと思って安易につけることは避けたほうがいいでしょう。

不正競争防止法に触れて相手の会社から訴えられる可能性があります。

同じ住所で同じ会社名

例えば東京都千代田区丸の内1-1-1「Alice株式会社
同じ住所で他の会社が「Alice株式会社」をつけることはできません。

部屋番号まで登記すれば同じじゃないから問題ないんじゃないの?

と思うかもしれませんが、会社の住所を登記するのに必須事項は番地までで、ビル名や部屋番号までは登記しなくていいことになっています。

バーチャルオフィスはほとんど番地までの共通の住所を使うことが多くて、いくつもの会社が同じ住所を使っているので事前に確認しておくとスムーズです。

会社名をつけるときの2つの決まり

会社名をつけるのにNGな注意点からご紹介しましたが、反対に会社名に入れなければならないものをご紹介します。

会社名の文字について

会社名に使える文字は「ひらがな」「カタカナ」「漢字」「ローマ字」「アラビア数字

記号類で使えるのは、「」「」「」「」「」「」の6種類です。

会社名にプラスするもの

法人であれば会社名の前か後に株式会社○○○、○○○株式会社、合同会社○○○、○○○合同会社とつけなければなりません。

個人事業主の場合は名前のみで、株式会社などはつけてはいけません。

この2つを抑えておけば後は入れなければいけないものなどはないので自由につけることができます。

会社名のネーミングで知っておきたいコツ

会社名は登記すると変更するたびに手続きや費用が発生してくるので、1度決めたらあまり変更することはないと思います。

変更してしまうと、取引先や顧客の混乱や不信感を招きますので、ここは慎重に決めたいところです。

後々後悔しなくてすむようなネーミングのコツについてご紹介していきますね。

会社名の由来

会社の名前を決める時などは会社名の由来についてあまり考えてないかもしれません。

しかし実際に事業を始めてみると、あらゆる場所で会社名の由来はなんですか?と聞かれることが多くてびっくりしました。

名刺交換をして、会社名の由来で話が盛り上がると、その先の商談も和やかな雰囲気で進めることができて何度も助けられました。

「会社名に対する想い」や「会社名の響き」「会社を起こす時のストーリー」など何か会社名の由来にまつわるエピソードがあると相手から会社に対する愛着を持ってもらいやすくなりますよ。

覚えやすい名前

最初考え始める時はかっこいい名前がいいと思って、辞書で調べて英語表記の名前にしようと思うかもしれません。

英語表記が悪いわけではありませんが、事業を行っていくのに会社の正式名を書く機会は割とありますので、難しい辞書を見なければ思い出せないような会社名は好ましくないでしょう。

最近は実用性や個性を重視する傾向からカタカナやひらがな入ったシンプルな名前をつける会社も増えてきているそうです。

ドメインを確認する

インターネット関係に弱いとつい見落としてしまいそうなポイントですが、事業を行っていく上で後々会社名のドメインの重要さを認識することになります。

ドメインとは、インターネット上での住所のようなものです。

会社のホームページを作る時にはドメインも会社名のドメインにしておくと、認知度が上がってきた時に、ドメイン名で検索してもらえるようになっていきます。

ドメインを取得するにはドメインを販売している会社から使う権利を購入する必要があります。

お名前.comの右上にある白枠に自分の希望会社名のドメインが購入できるか、無料で調べることができますよ。

会社名 ネーミング

例えば「株式会社あるある」だったら、白枠の中に「aruaru」と入れて検索ボタンを押してみます。

会社名 ネーミング

もし「jp」「co.jp」に×印がついていたら、他の業者にドメインを取られてしまっているので、会社名を考え直したほうがいいかもしれません。

法人であればゆくゆくホームページを作ったり、会社のメールアドレスを作るのに「jp」や「co.jp」は持っておいたほうがいいドメインです。

twitterやFacebookなどのアカウントも会社名で取れるか確認しておくと後々便利です。

造語もおもしろい

会社名は自分で作ることもできます。有名企業の造語ネーミング例をいくつか見てみましょう。

  • mixi:「mix (交流)」と「i (人)」を掛け合わせたネーミングです。
  • マイクロソフト:「マイクロコンピューター」と「ソフトウェア」からできた造語です。
  • SEGA:「Service」と「Games」を掛け合わせた造語です。
  • Skype:「sky(空)」と「peer(同等の人)」で「Skyper」としたかったが、ドメインが取られていたため、「Skype」となった。

自分で考えた世の中にない言葉が会社名として発信されるのも夢があって素敵ですね。

商品名から会社名をつける

主力な商品があって販売していくなら、商品名を会社名にネーミングするのも1つの方法です。

コカコーラ」や「ヤクルト」などは商品名がまさに会社名ですよね。

梱包材によく使われている「プチプチ」を扱っている最大手である、川上産業株式会社さんから教えていただいたのですが、「プチプチ」という言葉は川上産業株式会社で商標登録されているので、他社では名刺などで勝手にプチプチを使えないそうです。

頂いた名刺には会社名より大きく「プチプチ」が表記されていましたし、ホームページも会社名よりプチプチが大きく出てくるのがとても興味深いですね。

川上産業株式会社HP 

商品名に由来して会社名をつける場合、気をつけなければいけないのは、商標登録されているかしっかり調べてから会社名をつけることが大切です。

まとめ

会社名を1つつけるのに、いろいろな決まりや知っておくと得するコツがありますので、自分の起業スタイルに合わせてオリジナリティー溢れた名前を考えてください。

1つ1つの起業にそれぞれのストーリーが必ずありますので、新たに出発する門出に最高の会社名をネーミングして胸を張って出航してください。

起業すると、個人名より会社名がどんどん前に出て行きます。

多くの方に愛されて、覚えてもらえるようにじっくり考えて納得できる会社名をつけてください。