ネット関係

Jetpack by WordPress.comプラグイン設定&37種類全て解説

Jetpack by WordPress.com

WordPressを使うのに便利な機能が37種類もパックになった便利なプラグインがJetpack by WordPress.comです。

自分のブログに必要な機能だけをピックアップして使うと良いですよ。

私がJetpackの中で特におすすめなのがこの3つの機能です。

  • WordPress.com統計情報
  • パブリサイズ共有
  • タイルギャラリー

今回は、Jetpack by WordPress.comのインストールや設定方法とおすすめ機能の設定方法をご紹介します。

Jetpack by WordPress.comのインストール

Jetpack by WordPress.com

まずはWordPressにJetpack by WordPress.comのプラグインをインストールして有効化します。

WordPressプラグインのインストール方法がわからない方はこちらの記事をご参照ください。

▶︎ WordPressプラグイン2つのインストール方法とは【初心者向け】

JetpackとWordPress.comを連携

有効化するとこちらの画面が出てきますので「WordPress.comと連携」をクリックします。

Jetpack by WordPress.com

WordPress.comに登録していなければ、「メールアドレス」「アカウントネーム」「パスワード」を設定して、赤枠の青いボタンをクリックします。これで登録とJetpackへの紐付けが行われます。

※WordPress.comのアカウントは、WordPressのブログにログインする時のアカウントではありません。Jetpackのプラグインと紐付けして管理する別のサイトになります。

Jetpack by WordPress.com

もし、すでにWordPress.comのアカウントを持っている人は、「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、赤枠内の青いボタンをクリックします。

Jetpack by WordPress.com

連携ボタン「Approve」をクリックして連携します。その後料金一覧ページが表示されますが、そのまま閉じてWordPress管理画面に戻ります。

Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.comの設定

※最低限の機能をONにできればいいと思っている方は、最後のまとめで現在私がONにしている機能を一覧にしているので、説明を飛ばして設定してください。

WordPressの管理画面「Jetpack」→「設定」をクリックします。

Jetpack by WordPress.com

General(一般設定)設定

Jetpack by WordPress.com

連携設定:

WordPress.comと連携が完了するとこのように表示されます。

Jetpack by WordPress.com

通知:

管理画面の右上にツールバーが表示されます。

JSON API:

ここはプログラミングに詳しい人はONにするところですが、よくわからない人はOFFにしておくと良いでしょう。

Engagement設定

SEOツール:

アップグレードはお好みで選んでください。

広告:

アップグレードはお好みで選んでください。

Jetpack by WordPress.com

サイト統計情報:

WordPressの管理画面からアクセス解析を見ることができます。Google Analyticsのページに行かなくてもこちらでアクセスやキーワードを解析することができるのでとても便利です。こちらはONにします。

そしてサイト情報の右側下矢印∨をクリックして詳細設定をします。

Jetpack by WordPress.com

サイト統計情報の詳しい使い方はこちらの記事を参照ください。
▶︎ WordPress.comサイト統計情報の設定&使い方

管理バー:

ここはチェックしておきます。

スマイル:
スマイルを非表示にするか。って何?と思いますよね。。これは統計情報を収集してくれるスマイルくんと呼ばれるマークがサイト上に突然出てくるのを非表示にする設定。このスマイルくんを表示させなくても、アクセスの統計情報は起動しますので安心してください。ここはチェックを入れておくことをおすすめします。

登録済みユーザー:
ここは外注さんなど、複数人で管理している場合、管理者以外のアクセスもカウントするかという設定。アクセス解析のカウントに入れたい人を選んでチェックしますが、身内のアクセスを入れるようなものなので、ここはチェックを入れなくていいと思います。

表示状態を報告:
アクセス解析を見ることができる人。基本的には管理者だけでいいと思いますが、右腕のようにサイト運営の管理をしている人がいるならその人はチェックを入れて見れるようにしてあげるとスムーズに管理できます。

設定が完了したら、「設定を変更」をクリックします。

共有:

FacebookなどのSNSと連携させることができたり、SNSボタンを設置できたりします。ここはONがおすすめです。右側の矢印∨をクリックして「設定を構成する」から詳細設定します。

Jetpack by WordPress.com

パブリサイズ共有は投稿した時に、連携しているSNSに新着記事を自動で投稿してくれる機能です。連携したいSNSを選択して「連携」をクリックして説明に従っていけば連携できます。

Jetpack by WordPress.com

この下にある、共有ボタンはブログに設置するか好みで設定してください。私は他の方法でSNSボタンを設置しているので設定していません。

Jetpack by WordPress.com

パブリサイズ共有やその他の設定が終わりましたら、下の「変更を保存」をクリックします。

そのまま設定に戻って

Jetpack by WordPress.com

関連投稿:

ここをONにすると、関連内容の記事が3件表示されるようになります。しかし他のプラグインを使って関連記事を表示させる方がおすすめです。

コメント:

ブログ読者がWordPress、twitter、Facebook、Google+などのアカウントでログインしてコメントできる機能です。

いいね:

WordPressの 『 いいね 』 ボタンを設置できます。

購読:

登録した人に、記事の投稿やコメントがあった時に、メールを送るかどうかの設定です。

Jetpack by WordPress.com

Gravatar ホバーカード:

コメント欄の画像にマウスオーバーするとホバーカードといって、名前、プロフィール情報などが表示されます。

サイトマップ:

ブログの記事を投稿した時に、検索エンジンに通知して、インデックスしてもらうための機能です。
私は同じような機能の「PubSubHubbub」を入れているので、OFFにしています。

サイト認証:

自分のブログを管理していることをSearch Consoleなどに認証するサービス。私はFTPにて認証しているのでOFFにしています。

Security設定

Jetpack by WordPress.com

セキュリティスキャン:

アップグレードはお好みで選んでください。

Jetpack by WordPress.com

プロテクト:

不正ログインしてこようとする悪意あるアクセスをブロックしてくれる機能です。「ブルートフォースアタック」といって、暗号やパスワードを片っ端から試して総当たり攻撃してくる場合もありますので、ONにしておくことをおすすめします。

ただ、何回かログインを間違えるとはじかれてしまうので、自分のIPアドレスを設定しておくとより安心です。自分のIPアドレスはこちらのサイトで確認できます。

Jetpack by WordPress.com

 

モニター:

サイトがダウンした時に、すぐにメールで知らせてくれる機能です。ONにしておくことをおすすめします。

Akismet:

スパムコメントから守ってくれるプラグインです。このプラグインを有効化していますよという表示なのでこのままでOKです。

サイトのバックアップ:

アップグレードはお好みで選んでください。

シングルサインオン:

WordPress.com アカウントと他のサービスへのログインができるようにする機能です。

Appearance設定

Jetpack by WordPress.com

タイルギャラリー:

記事の中にこのようにタイルのように画像を挿入できます。

まず、JetpackでONにしてから、記事投稿の「メディアを追加」から画像をアプロードするか、「メディアライブラリ」にすでにある画像からギャラリーを作成します。

詳しい作成方法は、別の記事でご紹介します。

Photon:

画像をキャッシュすることで、表示速度をあげるための機能です。キャッシュ系のプラグインを他に入れているならOFFでいいと思います。私はOFFにしています。

カルーセル:

WordPressの投稿に埋め込んである標準のギャラリー写真が美しいフルスクリーン表示で楽しめるようになるとのことですが、私は必要ないかなと思っているのでOFFにしてます。

追加サイドバーウィジェット:

ブログのサイドバーに色々な機能を表示できる機能です。今のところ必要ないのでOFFにしてます。

Jetpack by WordPress.com

ウィジェット表示管理:

ウィジェットをページごとに表示するかしないかを設定できる機能です。ONにしています。

例えば、人気記事をトップページには表示したいけど、プロフィールページには表示したくない場合。
人気記事ウィジェットの下にある「公開状態」をクリックします。(ONにすると「公開状態」ボタンがある)

Jetpack by WordPress.com

クリックすると、詳細設定できます。人気記事が「固定ページ」の「プロフィールページ」で「非表示」という設定です。

Jetpack by WordPress.com

すると、設定前と後でこのようになります。

カスタム CSS:

WordPressテーマを編集せずに、サイトの CSS をカスタマイズできる機能です。私はONにしてます。

無限スクロール:

ページの最下部まで読んだら、次の記事がそのままスクロールして読める機能です。どこまでも長いブログだと読者が疲れてしまいますので、これはOFFの方がいいと思います。

モバイルテーマ:

スマートフォンやタブレットなど画面に合わせて表示してくれる機能ですが、レスポンシブルタイプのテーマを使っている場合はOFFでOKです。

ホリデーの雪:

12月から1月始めにサイト上に雪を降らせる機能です。クリスマスやお正月限定で1日やってみるのは良さそうですね。

Writing

Jetpack by WordPress.com

WP.me 短縮リンク:

記事のURLを短縮できる機能です。Twitterによく手動で投稿する場合などには重宝するかもしれませんが、私は自動で記事を投稿することが多いのでこの機能はOFFにしています。

ショートコード埋め込み:

音楽ファイルのプレーヤーを埋め込んだり、YouTubeなどの動画を簡単に埋め込むことができる機能です。

VideoPress:

アップグレードはお好みで選んでください。

コンタクトフォーム:

記事内にお問い合わせのメールフォームを設置することができる機能です。

 

Jetpack by WordPress.com

スペルと文法:

このようにスペルを間違えると赤い点線が出てきます。書いていてやたら出てくると気になるので、私はOFFにしています。

Jetpack by WordPress.com

Markdown:

Markdownとは、通常の文字や句読点を使用して、リンクや強調文字やその他のスタイルを投稿できるという機能ですが、まだ記事投稿やHTMLなどがわからない場合はOFFでいいと思います。

メール投稿:

メールで記事を書いて、指定したアドレスに送信すると記事が投稿できます。これはあまり使わないのでOFFにしています。

Beautiful Math:

数式をキレイに表示してくれる機能です。私は数式はほとんど使わないのでOFFにしています。

カスタム投稿タイプ:

通常の投稿記事とは違うタイプのページを作りたい時に使う機能です。私はOFFにしています。

まとめ(私がONにしている機能一覧)

jetpack機能は沢山あって、最初は訳がわからないと思いますが、WordPressを使っていくうちに、機能が理解できていくと思いますので、最初は最低限のみONにしていれば大丈夫です。

現在私がONにしている機能です。

  • 通知
  • JSON API
  • サイト統計情報
  • 共有
  • パブリサイズ
  • プロテクト
  • モニター
  • タイルギャラリー
  • ウィジェット表示管理
  • カスタム CSS

以上Jetpack by WordPress.comのインストールと設定&機能解説についてでした。