アプリ

iPhone7の指紋認証(Touch ID)の設定方法!便利すぎてやばい

指紋認証

iPhone6までは指紋認証になんだか抵抗があったので、設定してこなかったのですが、iPhone7に変えて見ると、最初の設定でこれでもかというくらい指紋認証(Touch ID)の設定をやってください的に表示されてきたので、設定してみることにしました。

しかしこの指紋認証でのロック解除があまりに便利すぎて、快適でした!

iPhone6までの時は、指紋認証(Touch ID)が認識しない、指紋認証も2ステップあったなど使い勝手的にそこまで指紋認証の快適さが実感できなかった方もいらっしゃるかもしれませんが、iPhone7の指紋認証(Touch ID)の性能の良さはかなり良くて、登録した指をアテるだけですぐに認証してくれます。

今回は指紋認証(Touch ID)の設定方法についてご紹介します。

指紋認証(Touch ID)の登録

iPhoneの「設定」から「Touch IDとパスコード」をタップします。

指紋認証

パスコードを入力します。

指紋認証

「指紋を追加」をタップします。

指紋認証

Touch ID(指紋認証)を登録する画面が表示されますので、登録する指を置きます。画面の案内に従って登録してください。

登録が完了すると完了画面が出てきますので、iPhoneのロックを解除できるようにするために「続ける」をタップします。

指紋認証

「iPhoneのロックを解除」にチェックが入って、「指紋1」と登録できました。これで登録した指を当てれば指紋で簡単にロック解除できます。

指紋認証

他の指も登録する場合は、また「指紋を追加」から同じように登録することができます。

実際に指紋認証を使ってみて、iPhoneをロック解除するタイミング的に左手や右手で解除したい場合があるので、左右のよく使う指4本くらいを登録しておくと便利かもしれません。

まとめ

パスコードを入力していた今までの時間は何だったんだろう、、、と思うくらいに指紋認証(Touch ID)でのロック解除は簡単にできるのでとても快適になりました。

指紋といえば頭をよぎる都市伝説、Appleの故スティーブ・ジョブズが「もう一度世界が変わることになるぞ!僕は画期的なアイディアを思いついたんだ!」と話したまま誰もそのアイディアを聞くことなく亡くなってしまったそうです。

スティーブ・ジョブズはアイディアを書き留めたものを家の金庫に入れていて、Apple社が開けようと試みても、彼の指紋でしか開かないようになっているため、開けられないままだとか….。

その後Appleは指紋認証の会社『AuthenTec社』を買収して、iPhoneに指紋認証が搭載されて….。

指紋は世界に1つだけというわけではないらしいです。

Appleがスティーブ・ジョブズと同じ指紋を探していて、もし同じ指紋の人がいたら、突然Apple社に招待されるかもしれませんよ。信じるか信じないかはあなた次第です。

私だったりして?とドキドキしながら登録したアリスでした(笑