ネット関係

iPhone 7機種変更したのでデータ移行をiTunes(PC)で行った方法

iPhone iTunes

iPhone6からiPhone7に機種変更してきました。そこでまず最初に行いたいのが、データ移行。店頭窓口で「データ移行してください。」と言っても自分で行う方法を説明されて終わりとなりますので、自力で行わなくてはいけません。

今回はパソコンを使って、前のiPhoneのデータをiTunesにバックアップしてから、そのデータを新しいiPhoneへ移す作業を行いました。

※パソコンはMacを使いましたので、Macのやり方で解説していきます。

とても簡単に行えましたので、同じように機種変更した方の参考になればと思いご紹介させていただきます。

バックアップを行う前の準備

iTunesの設定で「自動同期」が停止になっていないと、データが重複したり、失くなってしまったりする可能性があるので、必ず自動同期停止の設定を行ってからバックアップを行いましょう。

ここでは自動同期停止の方法をご紹介します。

パソコンのiTunesを立ち上げて、左上にある「iTunes」「環境設定」をクリックします。

iPhone iTunes

「デバイス」のタブを選択して、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない。」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

iPhone iTunes

これで、自動同期停止が完了しましたので、バックアップの作業を行います。

iPhoneデータをiTunesへバックアップ

前に使っていたiPhoneとパソコンを充電するときに使うUSBケーブルで接続します。

iPhone iTunes

このコンピューターにチェックが入っていることを確認して、「iPhoneのバックアップを暗号化」にもチェックを入れておきましょう。そして「今すぐバックアップ」をクリックします。

※私は「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックしなかったたため、あとで余計な操作が増えました。(その手順この後載せておきます。)

iPhone iTunes

チェックしないと、このような画面が出てきますので、「バックアップを暗号化」をクリックします。

iPhone iTunes

パスワードを設定して、「パスワードを設定」をクリックします。

iPhone iTunes

バックアップが完了しました!

iPhone iTunes

iTunesから新しいiPhoneへデータ移行(復元)

前に使っていたiPhoneをケーブルから外して、今度は新しいiPhoneをケーブルに接続します。

iPhone iTunes

iTunesの左上にある「スマホマーク」をクリックします。

iPhone iTunes

 

 

アクセスの許可を求める画面が出てきたら、「続ける」をクリックします。この時、iPhoneの方にも許可を求める画面が出てくると思いますので、「許可する」方をタップします。

iPhone iTunes

「このバックアップから復元」を選択して、前回のバックアップの時間が前のiPhoneのものであるかを確認して「続ける」をクリックします。

iPhone iTunes

パスワードの確認画面が出てきますので、このまま「OK」をクリックします。

iPhone iTunes

バックアップが復元中になります。数十分〜数時間かかります。と表示されますが、割と早く復元されました。

iPhone iTunes

 

これで、新しいiPhoneにデータが移行されました!

7:11から始めて7:38に完了したので、27分で完了しました!私はキャプチャ画像を撮影しながら作業したので、もっと早く完了するかもしれません。

iCloudでバックアップして、復元する方法は、手順が結構あるので、パソコンがある人は、iTunesでのバックアップ&復元方法でデータを移行する方法をおすすめします。