ネット関係

【Mac】Dropboxの同期方法でパソコンの容量を大幅に節約!基本の使い方

dropbox

クラウドストレージとはインターネット上でデータを管理・共有できるサービスです。(クラウドストレージサービスともいいます。)わかりやすくいえば、自分のパソコンとは別にインターネット上で自分専用のハードディスクを持つことができるというイメージです。

「Dropbox」「One Drive」「Googleドライブ」「SugarSync」などいろんなクラウドストレージサービスがありますが、この中からどれを使えばいいか悩みますよね。

『Windows → Mac book Air → Mac book Pro』に変えていく中で、上記のサービスは全部使ってみましたが、それぞれに一長一短。使う側の使用目的によって選び方がかなり変わってくると思いました。

クラウドストレージの重要性を痛感したのが、前からのパソコンのデータを引き継いで年が経つほど容量がどんどん圧迫されていきます。Mac book Airでは1年しか使っていないのに容量が一杯になってしまい写真やファイルを整理しても、全然容量が空かず(涙

これをきっかけに徹底的にクラウドストレージサービスの比較を当時行いました。そこで、今私が1番おすすめするのが『Dropbox』です。パソコンの容量にストレスがなくとにかく使いやすいです。

Dropboxとは

Dropboxとはクラウドストレージサービスの1つで、無料で2GBの容量をインターネット上に持つことができます。

友達を紹介したり、スタートガイドに沿って設定すると2GB以上の容量に増やすこともできます。

【基本的な使い方】
①パソコン上のデータをインターネット上で保存できる

  • 自分のパソコンが壊れてもデータがネット上にある
  • パソコンの引越しが楽

②iPhoneやmac、ipadなど複数のOSで同期できる

  • 外出先などいつでもどこでもデータを確認することができる

③複数のメンバーでファイルを共有することができる

  • メールのやり取りが必要ない
  • データが常に同期されているので最新の状態を確認できる

Dropboxのメリット

動作が軽い

Dropboxをなぜ最終的に選んだかというと、とにかく動作が軽くて使いやすかったからというのが1番の理由です。

安定したサービス

Dropboxがメジャーなサービスだから。これだけだとただのミーハーみたいですが、ネットのサービスを使う上ではとても重要な基準です。

何年か前に「SugarSync」を使っていたら、いつのまにか無料サービスから有料サービスしか選択肢が無くなってしまいました。その時は有料サービスに移行してみましたが、使い勝手がイマイチだなと思いやっぱり解約しようとしたらなかなか解約できないという非常に面倒な体験をしました。

「SugarSync」はまだサービスが有料の枠だけでも残ったので幸いでしたが、メジャーでないサービスは突然なくなる可能性があります。その時に自分の大切なデータがなくなってしまう可能性もありますのでサービスが何年も存続していくかというのはとても重要です。

容量管理がしやすい

パソコンの容量を大切にしたい私としましては、Dropboxは細かく容量管理ができるからです。これについては後で詳しくご説明します。

Dropboxのダウンロード方法

アリスの招待からDropboxを登録
※下の手順デスクトップアプリのダウンロードで完了!

通常の場合は下のダウンロードから進んでください。

Dropboxのダウンロードページをクリックすると自動的にダウンロードが始まります。

dropbox

ダブルクリックします

dropbox

開くをクリック

dropbox

赤枠の中を入力して『Dropbox の利用規約に同意します』にチェックをして『アカウント作成』クリック

dropbox

Dropboxがダウンロードされました

dropbox

Dropboxのフォルダに入れたデータはクラウド上と自分のパソコンに保存されて同期されます。同期されていると緑のチェック印が付きます。

dropbox

Dropboxでパソコン容量を節約する方法

データをDropboxに保存クラウド上に保存パソコンの容量を使わずに済む
と安易に考えていたのですが、まずこの考え方から間違ってました。

Dropboxはアプリをダウンロードしたら、Dropboxのクラウドとパソコン(ローカル)のデータを同期するフォルダが同時に作成されます。

ここに保存するファイルや画像などをどんどん放り込んでいけば同期されていくのですが、ファイルに入れれば入れるほどパソコンの容量もDropboxに入れた分だけ圧迫します。

dropbox

MacBookAir時代に無料プランでは2GBでスタートした時は、上記のような状態でDropboxをダウンロードしてから何も考えずにどんどんデータをDropboxに入れていき、あっという間に容量がいっぱいになってしまいました(汗

同じようにDropboxでパソコンの容量が一杯になって困っている人や、これからDropboxを使う人がパソコンの容量がすぐ一杯にならないように、ローカルの容量を圧迫しないでDropboxを使う方法を解説します。

①右上のメニューバーにあるDropboxのアイコンをクリックして『歯車アイコン』『基本設定』を選択

dropbox

②アカウントのタブを選択して『選択型同期の設定変更』をクリック

dropbox

③ここから同期させたくないデータを選べば、チェックを外したものはDropboxのクラウド上のみで保存され、自分のパソコンでは保存しなくて済むのでパソコン容量の節約になります。

dropbox

さらにDropboxの素晴らしいところは、フォルダのさらに細かい部分までチェックして同期するものを選べるんです。

dropbox

自分のパソコンと同期しないにチェックしたデータは自分のパソコンから削除される形となりますのでローカルな環境で開くことができません。ネットに繋いでDropboxから開くことになります。
※データがなくなった!どこから見れるの?と焦るパターンです。

メニューバーDropboxアイコンから地球のアイコンをクリックするといつでもパソコンと同期していないクラウド上のDropboxのデータを見たり編集することができます。

dropbox

ここにはパソコンと同期しているデータもクラウド上のみで保存しているデータも全て出てきます。

dropbox

このようにDropboxで「同期フォルダ」と「非同期フォルダ」を作ることで、パソコン容量の大幅な節約になり安心感が生まれました。

Dropboxで同期する同期しないもの目安

最初はDropboxで何を同期して何を同期しないように選べばいいのか迷う方もいるかもしれませんので、私個人の選び方の目安をご紹介します。

【Dropboxで同期するもの】

  • よく使うデータ(自分のブログ運営を管理しているエクセルや投稿する前の記事など)
  • 共有フォルダ
  • よく使う画像
  • 頻繁に確認するデータ

【Dropboxで同期しないもの】

  • あまり見ないけど保存しといたほうがいい画像
  • 最近仕事で必要ないけど一応保存したほうがいいデータ
  • ブログ投稿後の記事
  • ワードプレスの有料テンプレート(サイトを作る時やデザインの変更の時しか使わないので)

ざっくりな感じでしたが、今の自分にとってすぐ必要でよく使うデータは同期して、普段は必要ないんだけど保存しとかなくてはいけないデータは同期しない、と整理していくと自分のパソコンがとてもスッキリしますよ。