アドセンス

AdSense Managerのインストール&設定方法と使い方について

AdSense Manager

Googleアドセンスの広告をブログに簡単に設置できるプラグインです。アドセンスを実践されている方にはぜひおすすめです。

通常アドセンスのコードを記事に入れるときは、コードが長くなってしまいますが、AdSense Managerを使えば、1行に短縮できるので、見た目がスッキリします。

元々テンプレートで広告表示が簡単にできるように作られているものもありますが、Googleアドセンスの規約で広告を表示する数に制限がなくなったので

「この記事にもう1つ広告を載せたいな」とか、「サイドバーの下にもう1つ広告を表示したい」と思ったときに、自由に設定できるので便利です。

では早速AdSense Manageの設定方法をご紹介します。

AdSense Manageのインストール

AdSense Manager

まずはWordPressにAdSense Managerのプラグインをインストールして有効化します。

WordPressプラグインのインストール方法がわからない方はこちらの記事をご参照ください。
▶︎ WordPressプラグイン2つのインストール方法とは【初心者向け】

AdSense Manageの広告設定方法

まずWordPress管理画面の「投稿」→「Ad Units」へクリックします。

AdSense Manager

クリック率を上げるコード設定

Add your ad! の枠内にアドセンスコードを入力します。
このときに「スポンサードリンク」も一緒に入れておきましょう。

※AdSenseコードの左右の位置を中央揃えにしたい場合は、タグ「<div align=”center”></div>」も入力します。これはお好みで入れても入れなくてもOK。

adsense manager

 

ちなみに、広告をレスポンシブルで選んだ場合「date-ad-format=”auto”」となっていますが、”auto”を”rectangle”に変更するとクリック率が良くなると思います。

実際に変更してから、良くなったと体感しているので、ぜひ変更してみてください。

コードを入れたら「Import」をクリックします。

 

adsense manager

設定画面に移りますので、各項目を見ていきましょう。

adsense manager

 

Ad Unit:
デフォルトでは「co-1」となっています。ここに入れた文字が記事のコードの一部となって、どの部分の広告か区別するものです。

デフォルトのままだと、記事でのコードが「[ad#co-1]」となります。今回は「ad-1」と設定しますので記事でのコードが「[ad#ad-1]」となります。

  • ad-1
  • ad-2
  • ad-3

と作っていけば「ad-1」が記事上「ad-2」が記事下など区別して広告が表示することができます。

  • ue
  • shita
  • said

などにすれば、記事でのコードが「[ad#ue]」「[ad#shita]」「[ad#said]」となります。

私のオススメは、デフォルトの「co-1」や「ad-1」などです。ブログを運営していくと、広告の位置を変えてクリック率などを検証することも出てくると思いますので、どの位置に変更しても違和感がないように数字はおすすめです。

ただこの部分は後で変更もできます。

Code:
この部分には先ほどアドセンスのコードを入力したものが反映されていると思いますのでこのままでOKです。

Display Options:
ここは全部「Yes」に変更して「Save Changes」をクリックします。
※変更しないとアドセンスの広告が表示されませんのでご注意ください。

これで設定は完了です!もし編集したい場合は「Edit」で戻ります。

また新たに設置する広告の埋め込みコードを作りたいときは、WordPress管理画面の「投稿」→「Ad Units」からまた同じようにコードを作ります。

AdSense Manageを記事に設定する方法

設定完了後、記事を作成する時にどのように使用するかを説明します。

以下の画像のように「ビジュアルエディタ」で記事内にコードを記入していきます。

 

adsense manager

実際に記事をすぐに表示しても、広告が反映されるまでに少し時間がかかりますので、スポンサーリンクという文字が表示されていれば、そのうち広告が表示されます。

adsense manager

こんな感じです。

AdSense Manager

AdSense Manageをサイドバーに表示する方法

WordPress管理画面から「外観」→「ウィジェット」をクリックします。

AdSense Manager

ウィジェット画面が開きますので、左側にあるウィジェットをサイドバーの「検索」の上にドラッグ&ドロップして持っていきます。

AdSense Manager

サイドバーに設定された「AdSense Manager」をクリックします。

AdSense Manager

Ad unit: の部分で表示させたい広告を選びます。

AdSense Manager

 

このように右上に広告が表示されました。

AdSense Manager

 

 

AdSense Managerといえば、Googleアドセンスの広告を貼り付ける時にしか使えないプラグインだと思っている方も多いですが、実は他の広告やお知らせなどを好きな場所に表示させる方法として活用することもできます。

例えば、下記のような広告も表示できます。

  • ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の広告
  • 自社の広告
  • 広告代理店などから依頼された広告

やり方は、同じで取得する広告のコードをどこから持ってくるかの違いです。

  1. 広告のコードを取得して
  2. AdSense Managerに設定
  3. WordPress画面から好きな場所に設定

この工程でAdSense Managerのプラグインを使って好きな場所に、広告を表示することができますよ。

以上、AdSense Managerの設定方法と使い方についてでした!